基本ラーメン生活 ~松本市のラーメン情報~

松本市を中心に長野県のラーメンを紹介していきます。たまに県外店・お酒の記事も載せたりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キレ@麺肴ひづき 松本市

限定ばかりに気を取られ勝ちですが、レギュラーも食べたくなります。

コク濁りと悩みましたが筆頭のあっさりを。

IMG_1658.jpg
醤油麺あっさり

シンプルながら「そそる」見た目。

丼から香る魚介。タマリマセンね。
動物系の出汁と魚介のバランスが良く醤油ダレのシャープさもあり食べ飽きません。
キレを求めるなら断然「あっさり」ですね。

IMG_1659.jpg
ストレートの細麺はキレのあるスープとも相性良いです。
啜り易く、プツンとした歯応えで箸が止まりません。

IMG_1662.jpg

チャーシューは2枚でブリンとした食感。肉・脂身の旨さが光ります。
メンマ・海苔・ネギもしっかりと脇を固めます。

実はこの日連れの方がオーダーした「コク濁り」が非常に素晴らしいモノでした。
次回は・・・また悩みそうです(笑)



麺肴 ひづき




スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

がっつり@麺とび六方 松本市

久しぶりの訪店。

IMG_1618.jpg
開店と同時に入りましたが自分のオーダーが到着する頃には満席で店内待ちができる程でした。
人気は安定している様ですね。

今回はつけ麺をオーダー。

IMG_1620.jpg
つけ麺 中盛り 880円
自分の中で「ガッツリつけ麺を食べたい時」に最有力候補として上がるのがこれです。

IMG_1622.jpg
つけダレはやはり濃いめのモノ。魚粉の効きも強くビター感があります。
しかしやや甘めの味付けも手伝ってかシャープさは以前より薄れた印象。その為か食べ易くなりましたね。

つけダレの中にはほぐしの豚とメンマとネギが。
豚は柔らかく麺と良く絡みます。味付けは濃いめで自分にはしょっぱ目に感じます。

IMG_1624.jpg
強い麺は相変わらず。噛み締めると歯を押し返して来ます。

そう言えばスープ割の焼き石投入は無くなったんですね。


麺とび六方


  1. 2010/07/29(木) 17:30:00|
  2. 松本市南部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悶絶@ずくや昌楽 松本市

辛いメニューが並ぶこちら。

20辛メニューに挑戦する前哨戦として再度10辛を。
(10辛メニューを完食すると次回190円で20辛を食べる事が出来るカードがもらえます)

IMG_1638.jpg
油そば 10辛 500円

自家製ラー油がタップリ掛けられて真っ赤ですね。
良く掻き混ぜて頂きます。

やはり此処の10辛は自分の好みです。
辛さだけでなく、しっかりとした旨味が味わえるのが好印象。

IMG_1641.jpg
麺は縮れがありタレと良く絡みます。
パツンとした歯応えも良いですね。麺量も割と多めで満足度高いです。

具材のメンマが良い箸休め。水菜もシャキッとして良いアイテム。

IMG_1645.jpg
チャーシューは相変わらず大きいですね。柔らかく食べ応えがありますが薄味なので飽きません。


IMG_1635.jpg
IMG_1648.jpg
激辛カレーハーフ 300円
実はこちらが悶絶の原因。
20辛のタレ(ハバネロ)を使用しているそうです。
一口目、甘さとルーの味が楽しめますが3口目位から口の中に痺れる様な痛みが走りました。
これは辛いです。旨いですが辛いです。自分の辛さ耐性上限を越えてました。
首の辺りから滝の様な汗が出てきます。
店主さん曰く「ラーメンよりカレーの方が辛さを感じるかもしれません」との事。
何とか完食しましたが、しばらく口の中がヒリヒリしていました。
「辛味が和らぎますよ」とカルピスを1杯サービスして頂いたのが非常に助かりました。(笑)

壁には20辛完食した兵の色紙がいくつもありました。
自分はもう少し修行してから挑戦します。


ラーメン ずくや昌楽
  1. 2010/07/27(火) 17:30:00|
  2. 松本市南部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自家製麺@麺屋さくら

なかなか伺う機会に恵まれなかったので今回初訪のお店でした。
IMG_1453.jpg
IMG_1440.jpg
限定メニューの豚骨鰹つけ麺に惹かれましたが、やはり筆頭のメニューを。

IMG_1443.jpg
屋台らーめん 590円 大盛り 無料
安い上に大盛りが無料なのが嬉しいです。
背脂が浮くビジュアルは最近多いですね。

スープはやはり背脂の甘味を感じるモノ。ベースは鶏でしょうか、しっかりとした旨味がありスッキリしながらも厚みがあります。

IMG_1447.jpg
チャーシューは大きく厚みのあるモノ。柔らかく箸で簡単にちぎれる程です。
脂身の旨さが良いですね。

メンマはやや濃いめの味付け。ネギはシャリっとした食感。
海苔は磯の香りが強い上質なモノ。

IMG_1452.jpg

自家製という麺は加水やや高めでしょうか、ツルツルして喉越しが良いです。
茹で加減も最適で大盛りでもサクッと食べ切れます。

強い個性はありませんが安心して頂ける1杯でした。

麺屋 さくら ラーメン / 上諏訪駅



  1. 2010/07/25(日) 01:30:00|
  2. 南信のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麺祭り@アクアシティー 東京都

所用でお台場に。

フジテレビ向かい、アクアシティーのラーメン国技館で「ご当地麺祭り」に。

IMG_1565.jpg
長野県からは伊那ローメンが出ていました。

その他は岡山のホルモンうどんや大阪のかすうどんなど。

ラーメンは陳健一の担々麺や徳島の徳島中華そば・博多一幸舎などが並びます。

悩みつつも札幌ラーメン大心を。

つけ麺があったのでオーダー。

IMG_1559.jpg
つけ麺 980円

麺量が多いですね。具材が別盛りでタップリあります。

つけダレは味噌のコクと麹っぽさがあります。塩分濃度も高めでキリッとした印象。ニンニクの効きもありますね。
ピリッとした辛味もあり輪郭がハッキリしています。

IMG_1562.jpg
麺は凌駕ideaのにぼ二郎のような溝付きの太麺。
かなり硬めの茹で加減で、更に〆られているのでゴキっとした歯応え。暴れ具合も予想通りのモノ。
ツルツルした表面でつけ汁を弾いてしまうのが残念。

IMG_1561.jpg
具材は海苔・味玉が2分の1・白ネギ・メンマ・コマチャーシューと一通り揃っています。
こちらも個性が強いです。

特にネギとチャーシューはバランス的にやや強めかと。

因みにスープ割は出来るかブースのスタッフの方に伺いましたが「スープ割?・・・」でしたので、
おそらく対応していないかと思います。


本店に伺っていないので何とも言えませんが個性が強いもののぶつかり合いでしたね。

札幌らーめん 大心 ラーメン / 台場駅東京テレポート駅お台場海浜公園駅




  1. 2010/07/23(金) 17:30:00|
  2. 県外のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二胡を聴きながら@元町カフェ 松本市

久しぶりの訪店。
IMG_1613.jpg
IMG_1608.jpg

しかしながらスタッフの方々は笑顔で迎えてくれます。

この日は二胡の演奏がありました。
情熱大陸やセカンドラブなど聴き慣れた曲・懐かしい曲まで楽しめました。

IMG_1597.jpg
ランチメニューから半熟卵旨辣掛的焼鳥飯を選択。

中華・台湾料理みたいなメニュー名ですね。

IMG_1601.jpg
半熟卵旨辣掛的焼鳥飯 800円
これイイですね。
メニューには正式に書かれていませんが「ひづき」の旨辣「昆布の力」を使用してあります。
サブタイトルに(たまごかけごはん)とあるように、細かく刻まれた半熟卵がタップリ。
マッタリとして昆布・タマゴの旨味がタマリマセン。ゴマの風味もポイント。
これをお好みでごはんに掛けたり、ご飯をこちらにインしても。

IMG_1607.jpg
もう一つの主役。ごはん。
ふっくら炊かれたごはんの上に鶏肉とネギ・クルミが。

鶏肉は適度な味付けが光ります。焼き加減も良いですね。
ネギは薬味として機能します。クルミは香ばしさをプラス。

スープは大根と昆布の旨味が優しく出されたモノ。

ポテトサラダは意外にもワイルドな食感が楽しめます。
インゲンもクセが無く食べ易いです。

デザートの寒天ゼリーが良い口直し。

連れの豆腐ハンバーグもモロヘイヤがタップリで美味しそうでした。

野菜を美味しく食べられるお店は嬉しいですね。



元町カフェ



  1. 2010/07/21(水) 17:30:00|
  2. ラーメン以外のモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炒め@テンホウ辰野店 辰野町

辰野に来ると何時ものテンホウです。

お昼時はかなりの混雑。
IMG_1342.jpg
豊富なメニューから定食と迷いつつチャーメンを選択。

IMG_1345.jpg
チャーメン 520円
スープ付きです。
味のベクトルとしては定食の野菜炒めと同じですね。
自分この塩味結構好きなんですよ。

モヤシ・キャベツはシャキッとした食感が嬉しい。
豚バラは旨味が出てくる必須アイテム。

この日はややアブラが強くバランスがイマイチでした。

IMG_1349.jpg
中太でウエーブの付いた麺は存在感あります。食べ易い茹で加減ですが、もう少し硬めだと暴れる食感が楽しめそうです。


テンホウ 辰野店




  1. 2010/07/19(月) 17:30:00|
  2. 南信のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しじみ@麺肴ひづき 松本市

IMG_1582.jpg
怒涛の限定ラッシュですね。
IMG_1567.jpg
今回はしじみとの事。
早速頂いて来ました。

IMG_1571.jpg
和涼麺 しじみダシ~梅肉添え~ 730円 大盛り120円

いつもながらキレイな盛り付けですね。

冷たいスープはそれほどシジミが強く無く貝臭さもありません。
アブラ分が無いので非常にサッパリとしています。

具材の穂先メンマはひづきの限定ではお馴染み、食感がよく食べ飽きません。
岩海苔はサッパリとしたスープを邪魔しないモノ。
チャーシューは2枚。唯一の油分を含んだ食材ですので満足度高いです。
その下にはミョウガと白ネギと全てがサッパリと食べさせる要因。

IMG_1576.jpg
麺はストレートの細麺。
コキッとした歯応えで冷たいスープに良く合います。
大盛りにしたのですがサラリと食べ切れてしまいました。

添えられた梅肉も酸味と香りが広がる良いアクセント。
スープがピンクに変化するので見た目も楽しめますね。


梅雨明けして益々暑くなる時期にピッタリです。


麺肴 ひづき



  1. 2010/07/17(土) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊富@待夢 松本市

IMG_0959.jpg
お昼時はお客さんが途切れない人気店ですね。
IMG_0953.jpg
セットメニューが豊富なのでかなり迷います。

写真のメニューの他にも単品メニューやスパゲッティーのプレートもあります。
いや、実際迷いました自分。

焼き肉セットに惹かれましたがお店の一押しメニューのBセットを。
カレーは辛口と甘口を選べるので辛口で。

IMG_0954.jpg
Bセット 1050円
カロリー計算は・・考えないでおきましょう(笑)

IMG_0956.jpg
カレーは喫茶店カレーの王道的雰囲気で適度なスパイシー感があります。
辛味は控えめ。カツはサックりとしたモノ。

ラーメンは鶏ガラベースのオーソドックスなモノ。
特筆すべき点はありませんがセットメニューとして相方を抑えこまないのが良いですね。
チャーシューは小さいながらも3枚。
茹で卵は半分では無く実はスライス。
海苔の存在が結構嬉しかったりします。

IMG_0957.jpg
麺は柔らかめの茹で加減。プルンとした歯応えが楽しめますがヘタりが早いのが難点。


これだけメニューがあると頻繁に通っても飽きがこないでしょうね。



カフェアンドキッチン 待夢





  1. 2010/07/15(木) 17:30:00|
  2. 松本市南部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大油@らあめん寸八 松本市

今月の限定をもう一度頂いて来ました。

IMG_1429.jpg
あご 醤油 背脂 多加水 太麺 800円 中盛り100円
前回の宣言通り「大油・岩海苔増し」です。

スープは一口目背脂の甘さが優しく感じられます。
あご出汁はスッキリとしているのでバランス良いですね。

やはり岩海苔増しが無料なのは嬉しいです。
食感と磯の香りがタマリマセン。

タマネギは食感と辛味が良いアクセント。

IMG_1432.jpg

多加水の麺はプルプルモチモチで中盛りでも食べきる事のできる美味しいモノ。
この麺良いですね。他のメニューもこの麺で食べて見たいです。

らあめん寸八




  1. 2010/07/13(火) 17:30:00|
  2. 松本市東部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊人の麺@麺肴ひづき 松本市

こちらのお店本当に限定ラッシュです。
今回の限定は上田市の熊人さんの麺を使ったメニューです。
200杯という杯数限定ですので既に終了しているかもしれません。
IMG_1384.jpg
自分の訪店時に既に「残り120杯」でした。

IMG_1387.jpg
薫、魚介つけ麺 880円
麺用の器も熊人のモノを使っているんですね。

IMG_1391.jpg
信州産粗挽き小麦の麺はかなり強い個性を放ちます。
小麦の味がダイレクトに伝わり塩分も高めなので、そのままでも美味しい麺です。
流石「麺」に定評がある熊人です。これは凄い。

その強い麺を受けとめるつけダレと和風な具材達。

つけダレはタイトル通り魚がギリっと効いたモノ。
微かなえぐささえ感じる程の出汁濃度です。やはりこの位でないと麺に負けてしまうでしょうね。

IMG_1389.jpg
具は全体を纏めるべく上品なモノ。
薄くスライスされたタケノコは味付けも程良く麺つけダレと馴染みます。
シメジも和寄りな1杯に良く合いますよ。

薄切りのチャーシューにもバランスを取る気遣いが伝わります。
全体的に「和」のテイストなので蕎麦っぽい印象もありますね。

サイドはお昼の一品

IMG_1388.jpg

鶏山椒飯 100円
鶏肉好きな自分にはツボです。
鶏は歯応えが良く山椒の刺激が非常に効果的。

熊人の店主さんも「この強い麺をどう扱うか楽しみ」と仰っていたそうですが、
堀内さん悩みながらもバランス良く纏めて来ましたね。流石です。

今後も熊人さんの麺を使った限定が出るかもしれないとの事。
楽しみですね。



麺肴 ひづき




  1. 2010/07/11(日) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セットがお得@昇龍軒 塩尻市

IMG_1332.jpg
リーズナブルなメニューが並ぶお店。
G_1318.jpg
昼限定(11:30~14:30)のランチメニューですが、650円でお好みのご飯モノと麺類が選べるのが嬉しい。

ご飯モノはどれも魅力的です。しかし「台湾」の文字の魅力に負けて台湾チャーハンを選択。
麺類も台湾系が多いのです。こちらも特製台湾ラーメンを。

オーダーからそれほど待たずにチャーハンからサーブされます。

IMG_1319.jpg
台湾チャーハン
やや小ぶりですがセットとして十分な量。
ニラ・鷹の爪・タマゴ・チャーシュー・ネギと具材もしっかり。
辛味は適度で味付け炒め加減も良くサクサクイケます。

IMG_1321.jpg
特製台湾ラーメン
ベースのスープは鶏でしょうか。わかりやすいモノですが、そこにアブラの層がありややコッテリ気味。
IMG_1323.jpg
挽き肉から出る旨味が加わると少々旨味過多かもしれません。
こちらも鷹の爪がタップリ入っており辛さはストレート。

IMG_1324.jpg
麺はそれほど主張しないモノですが啜り易くスープと馴染みます。

IMG_1329.jpg
若鶏唐揚げ2個 150円
揚げたてでしょうか、熱々で提供されます。
衣はカラリとして硬めのモノ。
肉の弾力もあり食べ応えがあります。


単品メニューも安めの設定で品数も豊富でした。
定食もあるようなので塩尻市内でのランチには重宝しそうです。
台湾料理 昇龍軒 塩尻店






  1. 2010/07/09(金) 17:30:00|
  2. 塩尻市のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レギュラーのキレ@らあめん寸八 松本市

限定メニューを追うのが大変なんですが、やはりレギュラーメニューは大事かと。

久しぶりのレギュラー。それも看板メニューを頂きました。

MG_1276.jpg
豚骨醤油らあめん 並み 690円 野菜増し 100円 味玉 100円
お好みは確認の意味もあり全てデフォ(ふつう)で。

増した野菜の盛りとチャーシューの大きさが嬉しいです。

この日のスープはドンピシャ。
しっかり炊き出された豚骨と鶏の旨味に溢れたモノ。
そこにシャープな醤油ダレがカチっとハマります。
ハッキリした味わいでばっちりツボです。

野菜は大正解。パリッとしたモヤシとキャベツはシャープなスープと素晴らしく合います。

チャーシューもデフォながらもう一つの主役。
柔らかく適度な味付け。

IMG_1287.jpg
味玉は茹で加減が良くゼリー状の黄身と味付けが良いですね。

海苔3枚は麺と食べてもスープに浸してご飯と食べても良いですね。次回は野菜と一緒に増そうかと。

ホウレンソウは他が印象強いので存在感が希薄。

IMG_1278.jpg
麺もやはり良いですよ。
「ふつう」の茹で加減でモッチリパツンとした歯応えが楽しい。
キレのあるスープにも負けず存在感がある麺です。

IMG_1283.jpg
肉胡椒ご飯 小250円
サイドはやはり肉胡椒ご飯を(笑)

シンプル故に魅了的です。
胡椒の刺激が良いですね。

久しぶりのレギュラーでしたが完成度高いですね。行列も納得です。
もう一つの主軸である支那そばも再確認しないといけませんね。

らあめん寸八




  1. 2010/07/07(水) 17:30:00|
  2. 松本市東部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長く延びーる@手拉きラーメンの店国臣 安曇野市

IMG_1240.jpg
独特な麺が食べられるお店ですね。
1本が2本に2本が4本・8本・16・32・64・128・・・と、みるみるウチに麺になっていく様は観ていて飽きません。
オーダーが入る度にこのパフォーマンスが観れるのは嬉しいです。

この日は課題にしていたタンタン麺を。

IMG_1243.jpg
タンタン麺740円
ラー油はかなりタップリまわし掛けられていました。

ゴマとラー油の香る1杯。
具材は味付けされた大き目の挽き肉とほうれん草。

アッサリベースのスープにゴマのコクとラー油で厚みを持たせてあります。
辛味はしっかりとありますが他の旨味を邪魔しないモノ。
中盤から挽き肉の旨味が加わるのもポイント。

IMG_1245.jpg
麺がやはり秀逸。
太さが均一でないのですが、それ故違った食感が楽しめます。
ツルツルモチモチとして食べ進む手が止まりません。
やはりこの麺はイイですね。麺量は多めですが軽く食べきる事が出来ました。

IMG_1242.jpg

300円のサイドメニューなどもありました。こちらも魅力的ですね。
  1. 2010/07/05(月) 17:30:00|
  2. 安曇野市のラーメン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

背脂@らあめん寸八 松本市

7月の限定を頂いて来ました。
IMG_1333.jpg
小さく「新潟に行ってきました。」と書かれてある様に、
今回の限定は燕三条系のラーメンですね。
信州ラーメン博や信越麺戦記で「酒麺亭 潤」や「竜胆」がこの手のラーメンを提供していたので、ご存知の方も多いかと思います。

IMG_1334.jpg
あご 醤油 背脂 多加水 太麺 (岩海苔増し)800円  
ネーミングが面白いですね。

見た目もバッチリです。
背脂・岩海苔・玉ねぎは無料で増して頂けるそうです。
その他の具材はバラロールのチャーシューが2枚とメンマ・ナルト。

あご出汁(トビウオ)のスープは大量の背脂が浮きますが見た目よりスッキリしています。
醤油タレのキレもあって良いですね。

玉ねぎは生の刻みなので食べ始めは辛味がありますが、終盤はスープの熱で甘味が出てきます。
サクサクとした歯応えも良いアクセント。

増した岩海苔はコリコリして磯の風味がプラスされる嬉しい存在。

IMG_1336.jpg
専用のチャーシューは薄味なのでスープとの馴染みが良いです。
メンマ・ナルトも違和感ないですね。

IMG_1339.jpg

多加水の太麺は燕三条のそれよりは細目ですがプルプルとして楽しい食感。
これは美味しい麺です。

かなり自分の好みでした。
機会があれば「鬼油・岩海苔増し」で再食してみたいです。



らあめん寸八





  1. 2010/07/03(土) 17:30:00|
  2. 松本市東部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷麺@麺肴ひづき 松本市

限定ラッシュのひづきです。
IMG_1298.jpg
今回は提供期間が長いそうなので落ち着いて頂けそうです。

つけ麺と冷麺が選べるので冷麺を選択。

オーダーを待っている間、厨房からは店主堀内さんの盛り付けを指導する声が聞こえました。

IMG_1304.jpg
担々冷麺 800円

色々乗っていて楽しい見た目。やはり盛り付けもキレイですね。

冷たいスープはゴマのコクがあり具材等の酸味も加わりサッパリとしたモノ。

チャーシューは軽く炙ってあり温かく香ばしさがあるモノ。


キムチは適度な辛味が良いアクセント。ニラやニンニクを使用していないとの事でお昼でも安心です。
大根の甘酢漬けも歯応えが良くキムチとの一体感があります。

IMG_1305.jpg
氷はレモン水を凍らせたモノ。
果汁をタップリ使用してあるらしく、しっかりとした酸味があります。
ただなかなか溶けないんですよね。

IMG_1307.jpg
麺はストレートの細麺。
コキコキした食感で冷麺の名にかっちりハマります。スープの絡みも良いですよ。

サイドはお昼の一品。

IMG_1313.jpg

豚キムチ飯 100円
キムチとほぐし豚が合わされた上にネギがのってます。
この組み合わせは美味しいに決まってますよね。(笑)

ただ、この日のご飯が柔らかすぎたのは残念。


今回も完成度高いですよ。暑い夏場には嬉しいメニューですね。当然つけ麺ver.も気になります。
夏期限定との事で出方によっては8月末まで提供されそうです。


麺肴 ひづき




  1. 2010/07/01(木) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ささやき次郎

Author:ささやき次郎
稚拙な文章と写真ですが楽しんでいただければ幸いです。

ラーメンとカレーが大好き。
居酒屋によく居ます。

最新記事

カテゴリ

松本市北部のラーメン (22)
松本市駅前付近のラーメン (141)
松本市東部のラーメン (65)
松本市南部のラーメン (81)
松本市西部のラーメン (16)
中信のラーメン (8)
塩尻市のラーメン (21)
安曇野市のラーメン (15)
南信のラーメン (37)
北信のラーメン (11)
東信のラーメン (12)
県外のラーメン (22)
ラーメン以外のモノ (71)
ラーメンとお酒 (3)
お酒 (13)
未分類 (13)
イベント (41)
群馬県のラーメン (17)

検索フォーム

最新コメント

リンク

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。