基本ラーメン生活 ~松本市のラーメン情報~

松本市を中心に長野県のラーメンを紹介していきます。たまに県外店・お酒の記事も載せたりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

種類豊富@菜園ビュッフェ ファンターナ 松本市

麺戦記の記事に押される形になってしまいました。実食は4月初旬です。


こちらもビュッフェスタイル。

ただしパスタやピザはオーダー制です。


マルゲリータ
シンプルなのでビュッフェの野菜をのせてもイケそうです。


ボローニャ風スパゲッティ
オーソドックスなミートソースで食べ易いですね。


温泉卵のカルボナーラのフィットチーネ
温玉効果でコッテリ。




ビュッフェは肉・野菜の他に魚やソバ・カレーなんかもあります。
種類も多くとても全種類は食べられませんね。


ドリンク類もジュース類やお茶は勿論、ココア・エスプレッソ・アイスティーやフローズンなどもあります。
アルコールは別料金でこちらもワイン・ビール・日本酒・焼酎等銘柄も豊富。




デザートは季節がらかイチゴメイン。


太陽と大地の恵みステーキ&サラダバーけん等ビュッフェスタイルのお店が増えましたね。
それぞれオーダーの仕方や個性的なメニューがあるので気分で選べるのが良いですね。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 17:30:00|
  2. ラーメン以外のモノ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コッテリ@らあめん寸八 松本市

久しぶりのレギュラーメニューを。


豚骨醤油らあめん 中 790円 味玉100円 チャーシュー1枚100円
豪華仕様で(笑)
麺が殆ど見えませんね。

大きなチャーシューは柔らかく、脂身もありトロトロ。
2枚あると食べ応えありますね。

海苔・キャベツはやはりスープに合います。
ほうれん草はスープを吸ってウマいですね。


味玉はしっかりした味付け。
黄身のとろけ具合は文句無し。

スープはデフォですがコッテリしていながら食べ進めさせる勢いがあります。
豚骨もしっかり出ていますね。臭みが無いので食べ易いです。
この日は独自の甘味は少し控えめ。


硬めオーダーの麺はパッツリした歯応え。
中盛りでも最後までたれる事無く楽しい食感をキープ。
美味しくて良い麺ですね。


油そば 中 700円 卵黄 50円
連れのオーダー。
こちらもコッテリしていますが箸が進みます。
ニンニクとフライドオニオンを入れたくなるのは自分だけでは無いハズ(笑)



やはりレギュラーメニュー良いですね。
次回何を食べようか迷います。


らあめん寸八



  1. 2011/04/28(木) 17:30:00|
  2. 松本市東部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニンニク@千石家 茅野市

少し前に改装オープンしたお店。

改装前も含めて初訪になります。
接客は丁寧で好感触。


カウンターやテーブルに貼られた大きなメニュー、ラーメンよりも一品料理・つまみ系が充実。
醤油ラーメン350円とは安いですね。
今回は筆頭で店名を冠する千石ラーメンを。


千石ラーメン 600円
オーダー時に「ニンニク大丈夫ですか?」と聞かれるので、デフォでニンニクが入るみたいです。
具材はメンマ・チャーシュー・ネギ。

メンマは至ってオーソドックス。
ネギは辛め。


チャーシューはやや詰まった感じで脂身の乗りが適度。

スープは「とんこつしょうゆ味」とありますが、家系の豚骨醤油とは全くの別モノ。
表面は茶濁していますが、それほど乳化したスープではありません。
醤油ダレの塩分や旨味の乗せ方は適度。
出汁感はそれほど強く無いですね。
ニンニクはチューブっぽい雰囲気ですが結構影響します。


麺はストレートの細麺。
硬めかと思いましたが、普通の茹で加減。
大盛りは無く替え玉200円との事。ちょっと高いですね。

タンメン500円も安いですね。


千石家




関連ランキング:定食・食堂 | 青柳駅すずらんの里駅



  1. 2011/04/26(火) 17:30:00|
  2. 南信のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信越麺戦記part3生麺三銃士@南松本イオン駐車場

コラボラーメンを。


信州生麺三銃士(長野)


信州34BLACK<極黒 豚骨魚介らぅめん>


こちらも味玉付き。
チャーシューは薄切りでスープに負け気味。
紅ショウガはジャンクな雰囲気がでますね。

スープは煮干がギリっと効いていてシャープな印象。
節も効いてますね。

タレはたまり醤油らしくコクと甘味があります。
豚骨はあくまで下地といった感じ。

豚骨+魚介+たまり醤油で、なんとも変わった味わい。
これは面白いですね。


麺はスープが浸みて黒く染まっています。
茹で加減も良くプリプリして楽しい食感。

紅ショウガも面白いアイテムですね。
  1. 2011/04/25(月) 17:30:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信越麺戦記part3GOGO宝来軒@南松本イオン駐車場

お次は味噌のこちらを。


GOGO宝来軒(新潟)


ハイカラ味噌ラァメン
振り掛けられたアラレがカワイイ。


味玉半分が乗るのも嬉しいですね。
味付けもしっかり。

チャーシューは塊でこちらも濃いめの味付けの噛み締めタイプ。
ネギは味噌との相性良いですね。


スープは濃厚な味噌。こってりしていますが食べ易いです。


麺は中太。パツンとした歯応えで長さはやや短め。
喉越し良くスープの持ち上げも良いですよ。

総じてオーソドックスな印象ですがバランス良くて好印象です。

  1. 2011/04/24(日) 18:00:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信越麺戦記part3二代目白神・肉玉そばおとど@南松本イオン駐車場

今年も南松本イオン駐車場で「信越麺戦記」が開催されましたね。
前売り券650円(販売終了) 当日券700円(会場で購入可能)

初日の今日はの生憎雨。
お昼のピーク時でも生麺三銃士・GOGO宝来軒に十名程の並びがある程度。


最初の1杯は岐阜の白神から行ってみましょう。
ブースから豚骨と煮干の良いニオイがして来ます。


二代目白神(岐阜) 豚骨煮干そば 

太いメンマはごきっと食べ応えがあります。
チャーシューは柔らかくホロホロタイプ。味付けは好み。
海苔は小さいので印象に残らず。

スープは豚骨が良く出ていてトロミも感じます。
煮干もエグイ程ガツンと効いているので好みを分けそうです。


麺はストレートの細麺。
コツンとした感じでは無く、コシはあるのですがヘタりは速そうです。



2杯目は塚田氏プロデュースのおとどに。
おとどは漢字で書くと雲を三つの下に龍も三つ。日本一画数の多い漢字だとか。
「たいと」「だいと」とも読むそうです。当然変換できる訳も無く(笑)


おとど(千葉) 肉そば
ブースのカウンターに刻みニンニクが置かれておりお好みで入れられます。

かなりガッツリ系ですね。
タップリの肉は味付けもしっかりされており「おかず」的要素があります。
メンマも同様。
きざみニンニクは少量入れましたが、ニオイと味が影響します。
卵黄は強い個性の具材・スープに負けないのが驚き。

スープは動物系の出汁が臭み無く出ていて良いですね。


麺は角断面の太麺。 ムチッと強めの茹で加減で歯を押し返します。
麺量もイベントラーメンにしては多め。

確かにこのラーメンはご飯が欲しくなりますね。(笑)
わかり易いベタな味ですが結構自分好みです。




今回レギュラー出品の12杯の他に最終の2日間は麺友会の限定が6杯出るとか。
計18杯。その他にも限定が出そうな雰囲気ですし、自分にはコンプリートは無理そうです。


今回のイベントの売上金の一部を義援金として寄付されるそうです。
  1. 2011/04/23(土) 19:30:28|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出汁の力@麺肴ひづき 松本市


新しい限定を頂いて来ました。


鯛出汁垃麺~薄口醤油ダレ~ 760円 大盛り100円

最近の限定と違いシンプルな見た目。
スープは鯛出汁と薄口醤油で和風な印象。
あっさりしていますが出汁がしっかりとしているので物足りなさは皆無。
出汁を味わえる構成が良いですね。

そのスープに具材も合わせてあります。

穂先メンマは以前、限定で良く使われていましたね。
シャクシャクした歯応えと優しい味付けが好み。

珍しく隅に盛りつけられたネギは辛味を残すモノですが不思議と合いますね。


チャーシューは薄切りの物が3枚。
詰まった感じで味付けも適度。
アッサリのスープに馴染みますね。


麺は角断面のストレート細麺。
ぷっつりとした歯応え。
こちらもスープ・具材とのバランス良いですね。


今回の限定はかなり好みです。
やはりシンプルな方がひづきの本領発揮出来る気がします。
  1. 2011/04/22(金) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャンク@ジャンクガレッジ甲府昭和店 山梨県甲府市 

甲府に出来たイオンモールのフードコートに入っているお店。
フードコートとはいえ期待が持てそうです。


激レッドが気になりますが次回にまわして、今回は看板の「まぜ」を。


まぜそば 並 チーズ増し 750円

全増ししたいところですが諸事情ありチーズだけ。
まぜそばはニンニク・アブラ・チーズが無料で増せます。
因みにラーメンは野菜・アブラ・ニンニクが無料で増せます。
こちらの店舗は課長増しは無い模様。

提供時「チーズもっと増しますか?」と聞かれるのでかなりの量まで増せるのかと。

卵黄がデフォで乗るのが嬉しい。
その他の具材は増したチーズ・豚・鰹節・野菜・フライドオニオン。

チーズは混ぜると直ぐに溶けるので後半かなり影響します。
鰹節はイノシンサンの旨味が作用します。
野菜はモヤシメイン。
フライドオニオンはサクサクした歯応えが良いですね。



豚は並みでも十分な量。味が抜けた感じは無く肉の旨さが光ります。
食べ応えもありますね。

スープ(タレ)は多過ぎず少な過ぎず適度な量。
コッテリとして麺に良く絡みます。
少々カラメなので可能なら野菜増ししたいところ。


麺は太くうねりのあるモノ。

ブルンブルンと強く暴れる麺は期待を裏切らないのが嬉しいです。
啜るより頬張る感じの麺は「並」でもお腹にたまります。

フードコートですがしっかり「ジャンクガレッジ」してました。
次回は激レッド行ってみます。


ジャンクガレッジ




関連ランキング:ラーメン | 常永駅



  1. 2011/04/20(水) 17:30:00|
  2. 県外のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史を感じます@信濃屋 岐阜県多治見市

ぶっこ麺の次にこちらに移動。

nelさんのブログを拝見して訪店を夢見ていたこちら。やっと訪れる事ができました。


趣ある外観と窓に貼られたメニューが何とも言えず渋い。


当然店内も時間が止まったままの様な雰囲気。
民家を改装したお店は多いですがここまで渋い店内はなかなかありませんね。
接客も心休まる和み系。

屋号の由来を伺うと、先々代の大将(現御主人はこう呼ばれていました)が長野県飯田の出身で先代は愛知で商売をしていて、現在岐阜に店を移したが屋号をそのまま使っているとの事。ご主人が丁寧に説明してくれました。

奥の座敷に陣取ったのですが、メニュー表が無いので戸惑いますね。
お店の外で見たメニューから支那そばを。


支那そば 880円
価格の表記も無いので知らずにオーダーすると会計時に焦りそう。
具がネギのみです。


黒いツユ(うどんつゆ)にラードと至ってシンプルなんですが、厚みがあり物足りなさは皆無。
自然な甘味と奥行きがあります。唯一無二なスープ。
提供時「御出汁(スープ)は薄くも濃くもできるので言って下さい」と告げられます。


麺は平打ちで長さがあるモノ。

がしっと強い歯応えを残す茹で加減。
麺自体もかなり強いのですが啜る楽しさと噛み締める楽しさがあります。
非常に個性的な麺ですね。これはイイですよ。

他では味わえない独特な雰囲気・味が楽しめます。
もう一つの楽しみ「小露かけ」は次回必ず。

こちらも再訪必至です。

信濃屋




関連ランキング:うどん | 多治見駅


  1. 2011/04/18(月) 17:30:00|
  2. 県外のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

もちもち元気自家製麺@ぶっこ麺らーめん 岐阜県多治見市

3年前に伺って衝撃を受けたお店。
やっと再訪する事が出来ました。


入り口と出口が分かれている一方通行のお店、うなぎの寝床の様な待ち合い室は既に満員でした。


ラーメンメニューから塩が落ちてました。
つけ麺から釜揚げつけ麺を選択。


釜揚げつけ麺 並盛 800円
つけダレの中にはチャーシュー・青菜・メンマ・がタップリ。
その他にもネギ・糸唐辛子・海苔・タマゴと豪華。

チャーシューはトロトロの柔らかさ、青菜がつけダレと良く合います
糸唐辛子の辛みも良いですね。
タマゴは全体に混ぜるとふわっとして優しく影響します。

トロリと濃度の高い豚骨魚介スープですが魚介はエグミ・臭みが無く絶妙、優しい甘味と豚骨の旨味に醤油ダレの塩分とバランスが素晴らしく、非常に食べ易いです。


こちらの売りはもう一つ「麺」。

元気自家製麺との事ですが、今回の様に釜揚げスタイルですとモッチモチの食感が楽しい。
小麦の味も良く麺単体でも美味しい。

接客も良く、厨房を見ていてもお客さんに対する様々な配慮が見受けられます。
味も勿論ですがいつ来ても満足出来るお店です。なかなか訪れる事ができませんが、再訪必至です。


ぶっこ麺らーめん




関連ランキング:ラーメン | 多治見駅



  1. 2011/04/16(土) 17:30:00|
  2. 県外のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっほり再び@らあめん寸八 松本市

4月の限定を。


あってり麺でお馴染みの小路五郎氏が群馬県安中市から長野県軽井沢に移転してきた記念らしいです。


あっほり麺しお味 800円
前回同様見た目もバッチリ。


キレイに巻かれたバラロールチャーシューは振り掛けられた胡椒が良いアクセント。
本家よろしく手割りされた味玉が雰囲気出します。茹で加減も文句無し。
海苔・ホウレンソ・メンマはレギュラーのモノでしょうが、違和感無いですね。

普段生の辛みを感じるネギもこの一杯には不思議と馴染みます。

スープは濃度が高くトロミさえ感じます。
一口目魚を感じますが立て続けに鶏→豚と追いかけてきます。
バックボーンの豚骨は寸八ぽさを残します。
スープに仕込まれたニンニクチップも手伝って迫力ありますが、バランスも良いですね。
このスープは素晴らしい。


麺はストレートの細麺。
加水低めのパツンとしたモノ。
中盛り・大盛りは無く、替え玉で対応してくれるそうです。

サイドメニューに伝説のカレー300円もありますね。
今回はパスしましたが、並べて頂くと雰囲気出そうです。



らあめん寸八



  1. 2011/04/14(木) 17:30:00|
  2. 松本市東部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コッテリ@テンホウ南松本店 松本市

メニュー豊富なテンホウの中でもセットメニューも充実している南松本店。

新しいメニューを発見。


両方頼んでみました。


濃厚中華そば 620円
熱々ですが厚いアブラ層で蓋をされており湯気が立たないタイプ。

チャーシューは松本にもある某店そっくり、というか同じかと。
タレの味がしっかり染みた表面が硬いモノ。
ネギはさくっとして辛みは強くありません。メンマはコッテリしたスープ(アブラ)に負け気味。



味玉はトロリとした茹で加減ですが、かなり薄味で印象も薄め。

スープは塩分濃度適度でベースは優しい印象ですが、かなり多いアブラの影響で非常にコッテリ。
これは好みが分かれそうですね。


麺はちょうど良い茹で加減。しかしアブラの層を通って来るのでこちらもコッテリ。


ミニからマヨ丼セット 300円
ラーメンのアブラが重かったのですが・・
こちらもコッテリ。
唐揚げは想像通りの味。大きなオニオンリングはカリッとしたモノではなく、タレとアブラでテロンとした物。
カロリーヤバいですね・・

コッテリ好きな方でしたらハマりそうですが、自分にはヘビーでした。


テンホウ 南松本店





  1. 2011/04/12(火) 17:30:00|
  2. 松本市南部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーカツ@サミー食堂 松本市

サミーカレーの頃から気にはなっていましたがラーメンの誘惑に負けて未訪だったお店。
少し前にサミー食堂と名前が変わりました。

店名変更に伴いメニュー等も変わったとの事。
さらに友人から「寸八とのコラボメニューもあったよ」との情報も得て訪店。



メニュー豊富です。
鉄板焼きカリーが安い上に美味しそうです。
インディアンスパゲッティ480円も気になります。


チャーカツ定食 750円
寸八の協力メニュー。
寸八のチャーシューカツは酒房りしょうでも期間限定でありましたね。

カツの他にはキャベツ・レタス・カイワレ・のサラダ、パセリの下にはマヨネーズ、パスタはオーソドックスなケチャップ味。


チャーシューカツはおそらく寸八ではなく、最近オープンした「あずさ川らあめんつき」のモノ。
寸八のチャーシューより歯応えがあり脂身が少ないです。肩ロースっぽいですし。

4枚あるので色々楽しめます。
そのまま食べてもイケますし、レモンを絞ってさっぱり・卓上の醤油やソースで辛子醤油等も良いですね。


ご飯は普通にオーダーしてこの量。
かなり多いです。女性や小食の方は少なめで頼んだ方が良いかも。
炊き加減は硬め。

味噌汁はほっと出来るモノ。
タマネギ・ニンジン・ワカメ・油揚げが入ってます。
ただ、スープ用の食器の流用なのか、取っ手が付いていて持ち辛いです。


コスパ良く美味しそうなメニューが多いのですね。また行ってみます。


サミー食堂




関連ランキング:カレー | 信濃荒井駅大庭駅


  1. 2011/04/10(日) 17:30:00|
  2. ラーメン以外のモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スタミナバッチリ@鬼やん 松本市

日中は暖かいのですが朝晩はまだ寒いですね。

この日も夕飯時はかなりの寒さ。寒い時の外待ちは堪えますね。

こんな時はあんかけの鬼ラーメンか赤鬼スタミナにかぎります。

自分が選択したのは後者。


赤鬼スタミナ 800円
熱々で提供されるのが嬉しい。

ニラ・長ネギ・豚肉がタップリ。
写真では見えませんが生卵も入っているので、提供後直ぐ溶くのが吉。スープの熱でかき玉っぽくなります。

スープはさらっとした味噌。辛味はかなり控えめで辛味が苦手な方でも大丈夫かと。


麺は以前よりやや硬めの茹で加減。
個性はありませんが必要十分。

ニラ・ネギ・豚・卵・味噌・辛味とスタミナと温まる要素満載。
この時期にピッタリの一杯ですね。


やきめし 800円
連れとシェアしました。流石に一人では食べ切れません。

いつも通り薄味でラーメンと合います。
チャーシューから出る旨味がタマリマセンね。
ハーフサイズがあれば一人でも毎回オーダーしそう。でも厨房はかなり大変でしょうね。
付いてくるスープは塩ベースで濃いめの味付け。メリハリがありますね。


訪店のタイミングによってはかなり待つ事もありますが、自分はこれからも定期的に通います。



鬼やん



  1. 2011/04/08(金) 17:30:00|
  2. 松本市北部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二毛作@りしょ八 松本市 

あずさ川らあめんつきの定休日である火曜日に「らあめん寸八」と「酒房りしょう」のコラボ店としてオープンしたお店。


開店時間から14:30までは酒房りしょう店主もいるそうです。通し営業が嬉しい。

自分が伺った夕飯時は寸八店主堀江氏と寸八のスタッフ・つきのスタッフでまわしていました。
店内のBGMは何故か民謡(笑)


メニューはシンプルに醤油と味噌・ご飯物はチャーハンとカレー。
自分の大好物ばかり(笑)
オーダーは味噌を。味噌・醤油共にあっさり・こってり・超こってりから選べます。


極熱みそらあめん こってり750円 味玉100円
みそラーメンの王道的見た目。

チャーシューの下になって写真では見えませんが、フライパンで炒められた野菜(モヤシ・タマネギ・ニンジン・シイタケ等)がのせられます。
野菜から出る旨味も加わって良いですね。
チャーシューはおそらくつきと同じモノ。
ギュッと詰まった噛み応え・食べ応えのあるチャーシュー。2枚あるのも嬉しい。

メンマの味付けもオーソドックス。コリコリの食感が楽しい。

味玉は味付けトロミ加減共に流石。

スープはサラリとした鶏清湯ベースの味噌。
鶏の旨味と味噌のコクが良いバランス。
アブラはネギ油。
奇を衒うものでは無く、あくまでオーソドックスな味噌ラーメン。どなたにも好かれるのではないでしょうか。

border=
麺は太麺だと思っていましたが、中太の縮れ麺。
サラッとした味噌なので違和感ないですね。



りしょうのチャーハン 小 250円

酒房りしょうで食べるよりやや薄味ですが、チャーシューの塩分で最適に。
清湯のラーメンと良く合います。



極上醤油わんたんチャーシューめん こってり950円
こちらはプレオープンに時に頂いたモノ。

きれいな清湯スープは優しい鶏の旨味が味わえます。
特筆すべきは鶏油。キレイな金色で勝の家@山形村を彷彿させるモノ。
取り方・素材から寸八とは違うとの事。どうやら扱いが難しいらしいです。

あっさり・超こってりを味わってませんが、こってりがバランス良い様に思えます。

メンマ・チャーシューは味噌と同じ。
ネギが良い仕事します。


ワンタンは最近のお店では見かけないので嬉しいですね。
餡が多く水餃子っぽくもありますが、スープに馴染んでます。



りしょうのカレー 小 250円
まだ作り立てで若かったのですが、「りしょう」でカレーを食べた事がある方には懐かしい味。
辛味は低く、素材の味がしてほっとする味。


どのメニューも老若男女安心して頂けるメニューだと思います。
ただ、今後メニュー「自由に」変更していくそうです。
楽しみですね。


  1. 2011/04/06(水) 17:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

豚・・・いや鶏汁@とり麺や五色 松本市

早速今月の限定を。

鶏に対するこだわりは一貫しています。


鶏ごぼう味噌とり麺 850円
なるほど、具は豚小間が鶏挽肉に変わった豚汁っぽいモノ。

軽く振り掛けられたゴマと辛子・糸唐辛子の赤が視覚的にも味覚的にも良いアクセント。
こんにゃくの食感が楽しい。ごぼうの影響でぐっと豚汁っぽくなります。
意外にもキャベツが合います。
里芋はホクホクとして美味しい。
鶏挽肉は旨味として重要なファクター。

スープは味噌の麹っぽさが感じられます。上記の具材も手伝って豚汁っぽさがありますがベースはやはり鶏。
味噌のコクと鶏のマッタリが融合してます。濃度もありトロリとして鶏の旨味に溢れていますが初めての方でも食べ易いチューン。


麺はお馴染み全粒粉。
毎度の事ながら、個性的なスープ・具材をしっかり受け止めます。


テリヤキ鶏ごぼう丼 300円
十五穀米にごぼう・鶏挽き肉・ネギ。
そこにゴマ唐辛子とテリヤキタレがかけられたモノ。

タレはクドく無くサラッとして食べ易いです。
ホクホクした十五穀米と相性抜群。


日々進化しているのがわかります。
ポテンシャル凄いですね。


とり麺や 五色





  1. 2011/04/04(月) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっぱり食べ易い@麺肴ひづき 松本市


お昼のみ15食限定とハードル高いメニューを頂く事が出来ました。


さっぱり塩そば 680円
最近の限定と違ってシンプルな構成で良いですね。

チャーシューは薄切りですが柔らかく味付けがよく好み。3~4枚あるのも嬉しい。
メンマは塩味のシンプルなモノ。クセも軽いです。
万能ネギも強い主張が無くスープい良く合います。

スープはスッキリした塩味。
レギュラーの潮と違いシンプルで食べ易いです。
背脂も少しだけ浮きますがあっさりしています。
やり過ぎ感が無く「あっさり塩」がレギュラーにあったらこうなるかなと。
後味が良く安心できるひづきテイスト。


麺はレギュラーと同じストレートの細麺。
ヘタりは早いのですがプツンとした噛み応えの美味しい麺。
アッサリしたスープとの相性も良いです。

バランスいいですね。二日酔いの時にも良さそう(笑)

正直最近の限定は少々やり過ぎかなと。
今回ひるめん初めて食べましたが、シンプルにスープと麺を楽しめる構成が好印象でした。





麺肴 ひづき



  1. 2011/04/02(土) 17:30:00|
  2. 松本市駅前付近のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ささやき次郎

Author:ささやき次郎
稚拙な文章と写真ですが楽しんでいただければ幸いです。

ラーメンとカレーが大好き。
居酒屋によく居ます。

最新記事

カテゴリ

松本市北部のラーメン (22)
松本市駅前付近のラーメン (141)
松本市東部のラーメン (65)
松本市南部のラーメン (81)
松本市西部のラーメン (16)
中信のラーメン (8)
塩尻市のラーメン (21)
安曇野市のラーメン (15)
南信のラーメン (37)
北信のラーメン (11)
東信のラーメン (12)
県外のラーメン (22)
ラーメン以外のモノ (71)
ラーメンとお酒 (3)
お酒 (13)
未分類 (13)
イベント (41)
群馬県のラーメン (17)

検索フォーム

最新コメント

リンク

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。