基本ラーメン生活 ~松本市のラーメン情報~

松本市を中心に長野県のラーメンを紹介していきます。たまに県外店・お酒の記事も載せたりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悶絶@ずくや昌楽 松本市

辛いメニューが並ぶこちら。

20辛メニューに挑戦する前哨戦として再度10辛を。
(10辛メニューを完食すると次回190円で20辛を食べる事が出来るカードがもらえます)

IMG_1638.jpg
油そば 10辛 500円

自家製ラー油がタップリ掛けられて真っ赤ですね。
良く掻き混ぜて頂きます。

やはり此処の10辛は自分の好みです。
辛さだけでなく、しっかりとした旨味が味わえるのが好印象。

IMG_1641.jpg
麺は縮れがありタレと良く絡みます。
パツンとした歯応えも良いですね。麺量も割と多めで満足度高いです。

具材のメンマが良い箸休め。水菜もシャキッとして良いアイテム。

IMG_1645.jpg
チャーシューは相変わらず大きいですね。柔らかく食べ応えがありますが薄味なので飽きません。


IMG_1635.jpg
IMG_1648.jpg
激辛カレーハーフ 300円
実はこちらが悶絶の原因。
20辛のタレ(ハバネロ)を使用しているそうです。
一口目、甘さとルーの味が楽しめますが3口目位から口の中に痺れる様な痛みが走りました。
これは辛いです。旨いですが辛いです。自分の辛さ耐性上限を越えてました。
首の辺りから滝の様な汗が出てきます。
店主さん曰く「ラーメンよりカレーの方が辛さを感じるかもしれません」との事。
何とか完食しましたが、しばらく口の中がヒリヒリしていました。
「辛味が和らぎますよ」とカルピスを1杯サービスして頂いたのが非常に助かりました。(笑)

壁には20辛完食した兵の色紙がいくつもありました。
自分はもう少し修行してから挑戦します。


ラーメン ずくや昌楽
スポンサーサイト
  1. 2010/07/27(火) 17:30:00|
  2. 松本市南部のラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<がっつり@麺とび六方 松本市 | ホーム | 自家製麺@麺屋さくら>>

コメント

カレーの辛さが
次郎さんの
耐性上限を越えてるなんて、
よっぽどなんですね!!

余計にそそりますが(^_^;)
  1. 2010/07/28(水) 22:24:23 |
  2. URL |
  3. たしのこ #-
  4. [ 編集 ]

たしのこさん

ドモです。

いや、本当に辛かったです(笑)

そそりますか?辛いモノ好きなんですね。
チャレンジしてみてください。とりあえずハーフのあるカレーをオススメします。いきなりフルサイズだとキツイかもしれません。
  1. 2010/07/29(木) 22:01:34 |
  2. URL |
  3. ささやき次郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://muutyan0330.blog67.fc2.com/tb.php/388-bb1ad302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ささやき次郎

Author:ささやき次郎
稚拙な文章と写真ですが楽しんでいただければ幸いです。

ラーメンとカレーが大好き。
居酒屋によく居ます。

最新記事

カテゴリ

松本市北部のラーメン (22)
松本市駅前付近のラーメン (141)
松本市東部のラーメン (65)
松本市南部のラーメン (81)
松本市西部のラーメン (16)
中信のラーメン (8)
塩尻市のラーメン (21)
安曇野市のラーメン (15)
南信のラーメン (37)
北信のラーメン (11)
東信のラーメン (12)
県外のラーメン (22)
ラーメン以外のモノ (71)
ラーメンとお酒 (3)
お酒 (13)
未分類 (13)
イベント (41)
群馬県のラーメン (17)

検索フォーム

最新コメント

リンク

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。